病院という言葉は幕末から

江戸時代後期から幕末には蘭学が盛んになり、解体新書などの蘭方医が活躍していました。それでも江戸から離れた九州で行われていたこともあり、西日本から東日本へと戦場が移動していった幕末の戊辰戦争において、京都・大阪・横浜には傷病兵を収容する病院が設立されていきました。このころには病院という単語が生まれていたといいます。

診療所明治政府が設立されると、欧米の列強と近代国家としての足並みをそろえるために、あらゆる改革がなされていきました。明治新政府が1868年、医療として西洋医学を全面的に採用するとした西洋医術許可の布告を出し、それて以降の1874年には医師を免許制とする制度が導入され、2年後の1876年には新たに医師免許を受けようとするものには、洋方六科試験の合格が必要となることが内務省から通達されています。従来の漢方医を志す医師も西洋医学を学ぶことが必須とされるようになりました

また、ここから医師を育てる医学校も設立していき、日本の医療は浸透していくことになっていきます。明治政府によって全面的に取り入れられてから診療所がつくられ、その後、診療所が個人経営で大きくなり、私立の病院が全国に設立されていきました。現在の日本の病院は病床数が20床以上の医療施設と定義されています。それ以下は診療所となっています。全国にはあらゆるタイプの病院が存在していますが、明治以降各地域の実情に合わせて民間の力で医療施設が作られてきた証といえます。

日本の病院の歴史

介護それでは日本での最初の病院施設というのはどうなっているのでしょうか。病院というのか諸説ありますが、聖徳太子が建立した七大寺の一つで、四天王寺にある四箇院といわれています。これは聖徳太子が仏教の慈悲の思想に基づいて、薬草を栽培して、怪我や病気で苦しむ人を救うため寺院内に作ったという施設です。その中でも施薬院と療病院は、病人や孤児の保護・治療・施薬を行い、諸国から献上させた薬草を無料で貧民に施したといわれています。どちらかというと社会福祉施設ともいえますが、収容型施設で病人を介護していたのは間違いないといわれています。

上記以外で最初の病院といえば、1557年にポルトガルの宣教師によって大分県に開設されたものが初めての病院といわれています。この宣教師は医師でもあり、西洋医学の外科、内科、ハンセン病科を備えていました。この地は西洋医学が初めて導入された場所ともいわれています。

その後江戸時代になりますが、当時も病院というれっきとした建物はなく、江戸時代にはたびたび伝染病がはびこります。江戸時代の享保の改革では下層民のために無料の開放施設である小石川養生所が設立されます。この施設では貧民救済だけでなく、病人の世話も行われ、幕末の蘭医学が台頭するまで続きました。

古代は医師の地位が低かった

古代病院の歴史といってもまずは医療を行う医師の歴史が必要でしょう。古代では病気というと悪魔や神によるものと信じられていました。現在の医師というのは比較的に社会的地位が高いものといえますが、古代においてはそうではありませんでした。古代ギリシアにおいては、自由市民の医師は自由市民を診察し、奴隷の場合は奴隷の医師が診察していました。古代ローマにおいても、医師に市民権は与えられていましたが、医師の地位は決して高いものではありませんでした。これは当時のローマ帝国にとって医師が被征服民のギリシア人に多いことから当時の時代背景がそうさせていたとも考えられています。

しかし、中世ヨーロッパにおいては人命にかかわる極めて重要な職種として、医師の社会的地位が高くなり、より専門的な分野として特別な地位を与え、それに伴う責任が求められるようになりました。また、キリスト教における神に仕える修道士や修道女が病気の人を集めて生活を世話をするというシステムが病院の始まりともされており、これは現在の看護活動の原点でもあったといいます。日本でもたびたびドラマや映画・マンガなどの大衆資料でも寺院の僧が負傷者の手当てをするなど、宗教と病院の関係は深いものがあるのは、何かの災いによる第三者てきな存在を当時の人々が信じてきた証ともいえます。

生活に欠かせない病院

我々の生活に欠かせないものといえば病院があるといえます。普段はかからない人でも病院があるのとないのでは大きく生活スタイルに変化があることがうかがえます。日本では規模に応じて病院と診療所を分けて呼んでいますが、どちらに対しても医療行為を行えるのは医師のみであり、基本的に医師はどこかしかの病院に所属して医療に携わっています。戦時国際法では病院への攻撃目標は戦争犯罪とされているほど、病院というのは万国共通で大切なものという認識がなされています。

病院元来hospital(ホスピタル)という英単語は「傷病者や病人の収容施設」という意味合いで使用されており、ホテルと語源は同じとされています。諸外国においては、ホスピタルが老人ホームや養老院、孤児院の意味でも解釈されています。一方日本では、近代に当たる明治以降で、この「hospital」には一般的に「病院」という言葉を当てはめています。日本で最初に病院という単語が使われたのは、幕末の戊辰戦争に遡り、当時使用されていた旗に「病院」という文字が書かれたものが現在も保管されています。

現在ではさまざまな症状をもとに、多くの科に分かれており、例えば基本的に多くの人が受診する内科一つにしても、心療内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科などさまざまあり、ドラマやマンガなどでも有名な外科に至っても、それこそ多くの科が存在しています。この病院というのはいつごろ誕生したものなのでしょうか。ここでは病院についてご紹介していきます。