日本の病院の歴史

介護それでは日本での最初の病院施設というのはどうなっているのでしょうか。病院というのか諸説ありますが、聖徳太子が建立した七大寺の一つで、四天王寺にある四箇院といわれています。これは聖徳太子が仏教の慈悲の思想に基づいて、薬草を栽培して、怪我や病気で苦しむ人を救うため寺院内に作ったという施設です。その中でも施薬院と療病院は、病人や孤児の保護・治療・施薬を行い、諸国から献上させた薬草を無料で貧民に施したといわれています。どちらかというと社会福祉施設ともいえますが、収容型施設で病人を介護していたのは間違いないといわれています。

上記以外で最初の病院といえば、1557年にポルトガルの宣教師によって大分県に開設されたものが初めての病院といわれています。この宣教師は医師でもあり、西洋医学の外科、内科、ハンセン病科を備えていました。この地は西洋医学が初めて導入された場所ともいわれています。

その後江戸時代になりますが、当時も病院というれっきとした建物はなく、江戸時代にはたびたび伝染病がはびこります。江戸時代の享保の改革では下層民のために無料の開放施設である小石川養生所が設立されます。この施設では貧民救済だけでなく、病人の世話も行われ、幕末の蘭医学が台頭するまで続きました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket